クライアント談話:商品開発のお手伝い

池袋のとある印刷会社さんからのご相談でした。

「商品開発をするためにクリエイターさんとのコラボレーションはできないでしょうか?」

 

以前にも、ステッカーなどのシールをメインの事業とされている会社さんから、

「クリエイターさんが商品を考えて、自社が制作費を負担してその商品が売れた場合、

売れた利益の何パーセントかをロイヤリティーでお支払いするコラボレーションがしたいです。」

という相談があった事がありました。

 

しかし、100%のロイヤリティーの場合、後々お金になる可能性もありますし、

アーティストとしての作品を世に出す事が出来るというメリットがあるのですが、同時に

全くお金が入らずに時間だけを費やしてしまう可能性があるというデメリットもあります。

 

このメリットとデメリットを考えた時にエージェントとしてどう動くべきか悩みました。

結果、お断りする事にしました。

 

今年の4月から美大やクリエイティブ系専門学校で弊社のチラシを置いてもらっています。

そのチラシのコピーは「クリエイターとして生きる!と決めた人生、応援します!」です。

chirashi

私の思いをクライアントさんに押し付ける事はできませんが、

このコピーにある気持ちを少しでも共有して頂きたいと思ったので、

アーティスト活動のために金銭のサポートをしてくれるクライアントさんのみ

商品開発のためのコラボレーションプロジェクトを引き受ける事にしました。

 

このお話しを、今回相談いただいた印刷会社さんにお話ししたところ、

快く承諾して下さいました。

 

どんな商品が生まれるのかはまだ分かりませんが、

とても楽しみです。

 

印刷会社さん、ウェブ制作会社さん、映像制作会社さんなどなど

受注型のビジネスのみをしてきた企業さんから自社商品を開発したいという

ご相談をここ数ヶ月で何件か頂きました。

 

クリエイターさんの「クリエイターとして生きる!と決めた人生」を少しでも応援したいと

思って下さる企業さん、ぜひ弊社にご連絡下さい!

 

商品開発のためのクリエイターさんとのベストマッチングに尽力致します!

 

 

6 7月, 2015 no comments クライアント談話

クライアント談話:正社員も可!

最近、弊社コリーガの案件紹介ページには【正社員も可】という

他の人材紹介会社にはあまり見られない案件紹介が顔を出しています。

 

これはクライアントさんとの人材紹介ミーティングの中で生まれた就業形態です。

以下、ミーティングの会話です。

(クライアントさんは「ク」、弊社は「私」で表記します。)

 

ク「正社員でグラフィックデザイナーさん探しているのですが、よい方いますかね?」

 

私「どんなお仕事をお任せしたいとお考えですか?」

 

ク「作る物としては広告を始め、チラシやパンフレットといった紙媒体が多いのですが、

ただ、デザインをするというだけでなく広告の展開を考えて、どんな販促ツールが必要か、

なぜそのツールが必要かをお客さんにプレゼンもできたらベストです。」

 

私「とてもやりがいがありそうなお仕事ですね!デザインスキルというよりプランニング思考も大事ですね。」

 

ク「そうなんです。でも、初めからそこまでは求めていないので、ゆくゆくでいいとは思っています。」

 

私「承知しました。では、年収はどれくらいで考えられていますか?」

 

ク「年収は業績によってボーナスがあるので確定ではないのですが、月給21万〜22万円くらいで考えています。」

 

私「金額だけで考えると、プランニングは置いておいて、若手ですね。しかし、今、売り手市場ですし、御社の

お客様が求めるデザインクオリティーはなかなか高いので、正社員ではなく外注を上手く使った方がいいかも

しれませんよ。」

 

ク「そうですよね〜。でも、最初から高い年収を提示して正社員にするの怖いんですよね。特にクリエイターは

クリエイティブのレベルや制作スピードが入社してある程度の期間を経ないと分からなかったりするので。」

 

私「そこにお悩みなんですね。では、ある程度の期間を経て、「出来るじゃん!」と思ってもらえたら給料はアップ

していく訳ですね。」

 

ク「もちろんです。いい人材でしたら、ずっといてもらいたいですし、結果を出してくれるクリエイターさんには

それ以上にお返ししたいです。ただ、経営者としては、結果を出せるか分からない人材に思い切った投資は

できるだけ避けたいのです。」

 

私「おっしゃる事、誠に理解できます。

では、その結果を重視して、いっその事、正社員にこだわるのをやめて、ハイブリッドにしませんか?」

 

ク「え!?なんですか、それ?」

 

私「正社員で年収250万〜300万円くらいを約束しておいて、インセンティブを強化するんです。

フリーランスで活躍しているデザイナーさんは新規の営業があまり得意ではないけど、既存のお客さんを

大事にしながら活動されている方がたくさんいます。

このような方は、クリエイティブの質は高いですし、コミュにケーション力もちゃんとしています。」

 

ク「そんな事できるんですか!?」

 

私「クリエイターさんとの交渉次第です。無理強いは絶対にしませんが、

ある程度固定の給料を御社から受け取り、自分のクライアントを御社のお客さんとして、自身で対応をする。

そして、御社からはクライアントから受け取る利益の何割かをインセンティブとして受け取る。

これが実現すれば、みんなハッピーですね。」

 

ク「それ、面白いですね!ぜひ、できたらやりたいです。ウチの会社も柔軟に対応します!」

 

私「では、まずは適任の方を探して見つかり次第ご連絡致します!弊社への報酬はその時にお話ししましょう!」

 

ク「はい!よろしくお願いします。。報酬は高いんですか。。。?」

 

私「法外な金額ではないのでご安心をww。弊社も柔軟に対応致します!」

 

と、クリエイターさんを大事に考え、非常に柔軟にお話しを聞いて下さるクライアントさんだったので、
できたお話しですが、クリエイターさんを雇いたい会社さんが抱える悩みも改めて分かりました。

 

このクライアントさんとのお話しをきっかけに

【正社員も可】案件のニーズが増えてきています。

 

クライアントさんもクリエイターさんも

ご興味もってもらえましたら、ぜひぜひ、お気軽にご連絡下さい!

20 6月, 2015 no comments クライアント談話
メルマガ登録
株式会社コリーガの最新情報・新規案件を手に入れよう!
公式Facebookもチェック!